北朝鮮の外務省報道官(スポークスマン)は27日、朝鮮中央通信の質問に答え、米国により制裁を受けている国々は「団結した力によって強権と専横の巣窟(である米国)を押しつぶさなければならない」と主張した。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 米国が唱える「制裁教理」は悪の「教理」

【平壌4月27日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは米国が新たな「制裁教理」を持ち出していることに関連して27日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、米財務省をはじめとする行政府の人物らが他国に対する制裁圧力策動をいっそう強化するためのいわゆる「制裁教理」を持ち出している。

歴代的に米国は制裁を自国の侵略的な対外政策を実現するための主要手段にして自国に従順でないと国際法も無視して制裁をむやみに加えて多くの国と人民に計り知れない苦痛と不幸を被らせた。

米国が唱える「制裁教理」は自国の気にさわる他の国と人民を屈服させるための卑劣な謀略手口を集めたもので、強権と専横の本山である米国でのみ出られる悪の「教理」である。

富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる社会的不平等と対立が日を追って先鋭になり、人民が就職難、経済難に苦しんでおり、自分の気にさわるからといって乱射する銃に無この人々が撃たれて死亡する惨劇が毎日のように招かれているところがまさに、米国である。

このような米国が自国内の問題は棚上げにして他国に苦痛だけを与えようとする「制裁教理」などを工夫することこそ、笑止千万なことである。

日を追って衰退没落している米国が他国に対する制裁策動に執着すること自体がたわいないことであるが、米国の制裁が国際関係において不当な圧力と不平等、緊張と対決の根源になっているというところに問題がある。

米国の制裁によって被害を受けているアジア、アフリカ、中南米の各国は悪の「教理」が招くさらなる惨禍を防ぐためにもこぞって警戒心を高めて団結した力によって強権と専横の巣窟を押しつぶさなければならない。―――

    関連記事