さらに、「金正日総書記の卓越して洗練された指導によってわが人民軍はチュチェ思想、先軍思想で満装弾された思想と信念の強兵、朝鮮式の戦略・戦術と戦法でしっかり武装し、近代的な攻撃手段と防御手段を兼備した白頭山革命強兵に成長し、強化された」と、金正日氏を讃えた。

つづけて、「人民軍は金正恩元帥をいただいて革命武力強化の最盛期を迎えている」と金正恩氏を讃えながら、「米帝とかいらい好戦狂らがわれわれの重なる警告にもかかわらず、革命の最高首脳部を狙う核挑発妄動を引き続き働くなら、われわれの白頭山革命強兵はどれにも拘束されず、何らかの警告や事前通告もなしに空と地、海上と水中から最も凄絶な懲罰の先制打撃を加えるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事