北朝鮮の李洙墉(リ・スヨン)外相は22日、ニューヨークの国連本部で開かれた温暖化対策を巡るパリ協定の署名式で演説し、「朝鮮半島では米国による核戦争に向けた訓練が続き、平和と安定が損なわれており、環境問題に取り組むのは極めて困難だ」と述べ、米国を非難した。

その一方、「われわれはそれでも温室効果ガスの削減に取り組む」と述べ、国際社会との協調姿勢をアピール。潘基文(パン・ギムン)事務総長とは握手も交わし、ごく短く会話した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は、演説の内容を次のように伝えている。