核実験や長距離弾道ミサイルの発射実験などにより中朝関係が悪化する中、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)の中国語版は、中国政府が、中朝国境地域に難民収容施設の建設を計画していると伝えた。

VOAは、香港の中国政治専門誌「争鳴」4月号の記事を引用し、「中国政府は、金正恩政権の崩壊、朝鮮半島での戦争勃発による大量の難民発生に備え、吉林省一帯に800から1000の難民収容施設と、20の医療施設を建設する計画を立てた」と報じた。

また、中国政府は、何らかの有事の際に発生する難民は、最初の1週間で100万人、1ヶ月で500~700万人に達すると見ており、一部は送還、一部は収容する方針だという。

これまで、中国政府は脱北者を摘発した場合、原則的に北朝鮮に強制送還する措置を取っていた。有効な身分証明書を所持していても、送還したり、脱北者を摘発する北朝鮮の国家安全保衛部(秘密警察)が、自国内で活動することを黙認していたと言われている。

一方、中国政府は、公式には否定しているが、つい先日起きた北朝鮮レストラン集団脱北事件において、従業員の出国を黙認したと伝えられており、脱北者政策を変更した可能性も否定できない。