北朝鮮の朝鮮海外同胞援護委員会のスポークスマンは18日、日本の熊本県を中心に発生した熊本地震に関連して、日本の一部のネットユーザーによって、民族差別を煽動するデマがインターネットに流れたことを激しく非難する談話を発表した。19日、朝鮮中央通信が配信した。

談話では、名指しは避けたものの「右翼反動層が運営するインターネットが『熊本の朝鮮人が井戸に毒薬をまいた』という奇怪な記事を載せた」「『熊本では朝鮮人の暴動に注意しろ』など反朝鮮人感情をあおり立てる流言飛語が乱れ飛んでいる」などとデマの実態に触れた。

その上で、「日本のサムライが朝鮮人大虐殺を強行した1923年9月の関東大震災の時をそのまま連想させている」と過去の史実を想起させつつ「地震被害者の慟哭の声が響き、余震の恐怖が恐ろしく漂っている時に極悪な反共和国・反朝鮮人感情をあおり立てる卑劣かつ排他的な乱暴は絶対に許されない」とデマを流布する日本の一部ネットユーザーを激しく非難した。

さらに「日本の反動層が関東大震災の時のように今回の大地震の被害と悪夢を対朝鮮敵視の雰囲気を鼓吹させることで覆い隠し、ひいてはそれをわが民族に対する敵対感をあおり立てる機会に悪用している」とも非難した。

談話では最後に「日本当局は卑劣な朝鮮人排他騒動の重大さを直視し、当該の防止対策と法的措置を早急に講じるべきであり、あわせてあらゆる形態の反共和国・反総聯(朝鮮総聯)策動を直ちに中止すべきである」と日本政府にも責任の一端があると批判した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮海外同胞援護委の代弁人 朝鮮民族を愚弄する日本極右反動層の行為は絶対に許されない

【平壌4月19日発朝鮮中央通信】周知のように、最近、日本の九州熊本地方では大規模の地震が続発して多くの人的・物的被害を受けたという。

朝鮮海外同胞援護委員会のスポークスマンは18日に発表した談話で、地震が起こっていくらも経たずに右翼反動層が運営するインターネットには「熊本の朝鮮人が井戸に毒薬をまいた」という奇怪な記事が載せられたかとすれば、「熊本では朝鮮人の暴動に注意しろ」など、反朝鮮人感情をあおり立てる流言飛語が乱れ飛んでいると糾弾した。

談話は、万人を驚愕させるこのようにでたらめな世論は日本のサムライが朝鮮人大虐殺を強行した1923年9月の関東大震災の時をそのまま連想させていると糾弾した。

また、地震被害者の慟哭の声が響き、余震の恐怖が恐ろしく漂っている時に極悪な反共和国・反朝鮮人感情をあおり立てる卑劣かつ排他的な乱暴は絶対に許されないとし、次のように強調した。

わが民族に千秋万代にわたって許されない特大型の国家犯罪を働いた日本の反動層が関東大震災の時のように今回の大地震の被害と悪夢を対朝鮮敵視の雰囲気を鼓吹させることで覆い隠し、ひいてはそれをわが民族に対する敵対感をあおり立てる機会に悪用してみようとするなら、それより愚かなことはないであろう。

わが民族は過去、力がなくて島国の蛮夷に国権を奪われて亡国の民の悲惨な運命をなめなければならなかった弱小民族ではない。

わが共和国は尊厳ある政治・思想強国、強力かつ威力ある核抑止力を備えた世界的な軍事強国としてわが民族の尊厳と自主権を冒とくし、わが同胞の運命と生存権を愚弄することに対してはいささかも許さず、断固と懲罰するであろう。

日本当局は卑劣な朝鮮人排他騒動の重大さを直視し、当該の防止対策と法的措置を早急に講じるべきであり、あわせてあらゆる形態の反共和国・反総聯(朝鮮総聯)策動を直ちに中止すべきである。

    関連記事