また、韓国語を学んでいる米国人学生のパトリック・ヘンリーさんは「冒険したい一部の人は行くかもしれないが、米国人の抑留事件が多発しており、北朝鮮は勉強ができる場所ではない」と述べた。

金日成総合大学が外国人留学生を受け入れるのは、今回が初めてではない。旧共産圏やアフリカ諸国からの留学生を受け入れており、北朝鮮研究者で韓国国民大学のアンドレイ・ランコフ教授も、1980年代に留学している。

    関連記事