北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、13日に投票が行われた韓国の総選挙について朴槿恵(パク・クネ)大統領を支える与党・セヌリ党が「大惨敗した」と報じた。

また、「朝鮮教育文化職業同盟中央委」のスポークスマンは15日、談話を通じて、「今回の4.13総選挙での『セヌリ党』の大惨敗はファッショ暴圧の刃を振り回して進歩と民主、正義と真理を絞殺してきた朴槿恵逆徒に対する南朝鮮の民心の厳しい審判だ」と主張。朝鮮中央通信が配信した。

朝鮮中央通信の報道全文と談話を報じる記事(抄訳)は以下の通り。