韓国政府は8日、北朝鮮当局が経営するレストラン(通称北レス)の従業員と支配人13人が脱北し、韓国に入国したことを明らかにした。

韓国統一省のチョン・ジュニ報道官は8日午後に行われた記者会見で、北レスの男性支配人1人と、女性従業員12人の合計13人が7日、韓国に入国したと発表。北レスの従業員の集団脱北は、今回が初めてだ。

インターネットで北朝鮮の嘘を知る

脱北の理由は、経済制裁によるレストランの経営悪化だという。

発表によると、従業員たちは北朝鮮国外で生活し、テレビやインターネットで韓国の実情や、北朝鮮のプロパガンダの嘘を知り、脱北を決心した。誰ひとりとして拒否する者はいなかったとのことだ。どの国で働いていたのかは明らかにされていない。

13人は健康診断の結果、長距離移動に伴う疲労を訴えているが、健康に異常はない。

    関連記事