韓国政府は8日、北朝鮮当局が経営するレストラン(通称北レス)の従業員と支配人13人が脱北し、韓国に入国したことを明らかにした。

韓国統一省のチョン・ジュニ報道官は8日午後に行われた記者会見で、北レスの男性支配人1人と、女性従業員12人の合計13人が7日、韓国に入国したと発表。北レスの従業員の集団脱北は、今回が初めてだ。

インターネットで北朝鮮の嘘を知る

脱北の理由は、経済制裁によるレストランの経営悪化だという。