両江道恵山市で、企業型性売買事件が摘発されて、主な宿泊施設や青年恵山駅周辺の住宅街で、道の非社会グループの検閲が実施されていることが分かった。

両江道の内部消息筋は25日に、「7月20日に『恵明旅館売春事件』が発生して、旅館の支配人と部屋の管理責任者、簿記員(会計員)などが道の検察所に収監された」と述べ、「ウィヨン鉄道旅館や駅前旅館、恵山ホテルだけでなく、青年恵山駅周辺の住宅街でも宿泊検閲の嵐が吹いている」と伝えた。

恵山市恵明洞の恵明旅館は、中央党の幹部たちが頻繁に利用する国営の宿泊施設で、支配人のリ某氏と管理責任者のペク某氏は、2005年から恵山地域の女性を募集して性売買を斡旋してきたという。幹部たちが宿泊する部屋は北朝鮮の貨幤で1万ウォン~1万5千ウォン、一般の部屋は4千ウォンで男性を受け入れて、性売買をする女性たちを斡旋していた。

その上支配人が、幹部たちが泊る部屋に10代の女性を長期間宿泊させていたことが分かり、衝撃を与えている。消息筋は「恵明旅館では売春行為のことを『花商売』と呼んでいた」と言い、「支配人と管理責任者は、男性たちの要求に応じてそれぞれ値段が異なる『花』を斡旋していたが、中学校を卒業したばかりの子供まで動員していたため、道の検察幹部も衝撃を受けている」と説明した。