韓国保健福祉省の調査によると、2015年の韓国の男性喫煙率は35%。1998年の66.3%と比べると急激に下がったことがわかる。健康意識の高まり、政府主導の禁煙運動に加え、たばこ税が大幅に上がったことが功を奏したと言える。

一方の北朝鮮の喫煙率はどうだろうか。正確な統計はないが、韓国の喫煙率より高いと見られる。北朝鮮の男性は、誰かと顔を合わせば挨拶代わりにタバコを勧め、ところかまわず喫煙する。

正恩氏「消防法違反」の疑い

また、たとえ喫煙者でなくとも、相手に勧めるためのタバコを持っていることもある。さらに、吸っているタバコの銘柄がその人の富と権力を表すなど、単なる嗜好品の域を超えている。

なによりも、最高指導者である金正恩党委員長が、火気厳禁の工場だろうが、地下鉄の新型車両の中だろうが、ところかまわず喫煙する。

【参考記事】金正恩氏が北朝鮮で「消防法違反」の疑い

北朝鮮の日本向け放送「チョソンの声」は、昨年5月の世界禁煙デーに合わせて、北朝鮮での禁煙活動について紹介した。

しかし、北朝鮮の人々は国家が主導する禁煙運動を鼻で笑っている。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によると、最近中央の指示で全国の主要都市に「禁煙商店」なるものが登場した。道内最大都市の清津(チョンジン)でも、中心部の浦港(ポハン)区域南江洞(ナムガンドン)に最近オープンした。

禁煙商店は、人民保健所傘下で、販売員も同所から派遣されている。しかし、実際に運営を行っているのは「禁煙キャンディ」を製造した平壌の外貨稼ぎ会社だ。

価格は効果に合わせて、中国人民元で30元(約506円)から120元(約2024円)までと幅広い。禁煙キャンディを試してみて実際に効果を得た人は、国の禁煙政策に肯定的な反応を示している。しかし、ほとんどの喫煙者は強い拒否感を示したり、鼻で笑ったりしているという。

北朝鮮製の禁煙キャンディ(画像:ネナラ)
北朝鮮製の禁煙キャンディ(画像:ネナラ)

咸鏡北道の別の情報筋によると、当局は禁煙運動展開の理由を「人民の健康のため」としているが、多くの住民は「ただ単に禁煙キャンディを売って、外貨を稼ぎたいだけではないのか」と疑いの目で見ている。

そもそも、ケタ違いのヘビースモーカーである金正恩氏の姿を見て、誰が禁煙しようと思うだろうか。

    関連記事