北朝鮮のものと見られる対南ビラが4月2日、鳥取県中部の日本海沿岸で発見された。デイリーNKジャパンの読者が、ビラの現物写真と発見者の証言を提供してくれた。

米オバマ大統領と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を非難するビラを発見したのは、海岸を散歩するのが日課という50代の男性。ビラを見つけて「朴大統領とオバマ大統領が傷つけられている絵で、これは北朝鮮の物だろうと確信した」という。

刃物で切られたオバマ大統領のイラスト

この海岸には、これまでも中国や韓国から大量の漂流ゴミが打ち上げられ発見されている。ゴミの中には北朝鮮の木造船によく見られる、黒いタールが塗られた木片がいくつもあり、男性はいつも漂流物に注意を払っていたという。

鳥取で発見された北朝鮮が印刷したと見られる対南ビラの表側。(写真:読者提供)
鳥取で発見された北朝鮮が散布したと見られる対南ビラの表側。(写真:読者提供)

「平和破壊」「緊張強化」「主犯どもを粉砕してしまえ」と書かれてある。

ビラには韓国の朴槿恵大統領、米国のオバマ大統領が鋭利な刃物で切り刻まれて、出血したようなイラストが入っている。北朝鮮からの漂着物が多い場所で発見され、韓国で配布された対南ビラとイラストやフォントなどが似通っていることから、北朝鮮の対南ビラと見て間違いない。

狂った悪女を処断せよ

さらに、裏面では韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を罵倒・脅迫する文言が、物々しいフォントで書かれてある。

鳥取で発見された北朝鮮が印刷したと見られる対南ビラの裏側。(写真:読者提供)
鳥取で発見された北朝鮮が散布したと見られる対南ビラの裏側。(写真:読者提供)

「戦争狂人 青瓦台(韓国大統領府)の狂った悪女を断固として処断せよ」という文言が5回繰り返されている。

歯磨き粉のチューブも

大きさは縦9センチ、横12センチと小ぶりだが、ペットボトルのラベルのようなフィルムで印刷されており、濡れても破れない作りとなっている。しかも、表側から透かして裏側のメッセージも見えるという、凝った細工がしてある。

男性はビラがほかにもないか、発見した周辺を約1時間かけて歩いたが、すぐ近くで歯磨き粉のチューブ1本を発見した。

対南ビラの近くで見つかった北朝鮮の歯磨き粉チューブ。(写真:読者提供)
対南ビラの近くで見つかった北朝鮮の歯磨き粉チューブ。(写真:読者提供)

チューブには「平壌化粧品工場」と印字されてある。現地の住民によると、このあたりの浜辺には、チューブやポリタンク、ペットボトルなど、北朝鮮からの漂流ゴミをたびたび見かけるという。

北朝鮮は、対南ビラをドローンで運搬し、韓国に配布している。今回見つかったビラは、日本での配布が目的ではなく、なんらかの理由で海に落ち、海流に乗って漂着したと見られる。

    関連記事