中国の税関当局がサイト上に公開している対北朝鮮貿易関連の統計資料が、最近になって閲覧できなくなっていると米国の北朝鮮専門サイトNKニュースが報じた。

同サイトによると、中国税関のホームページで「北朝鮮」で検索をしても、輸出入の月別の統計、累積統計など関連するページが検索できなくなっているという。

中国の意図は不明

今回の中国の措置について、英国リーズ大学のフォスター・カーター社会科学名誉研究員は次のように指摘する。