北朝鮮の国防委員会報道官(スポークスマン)は3日、談話を通じて米国本土への核攻撃に言及しながら、第4次核実験に対する国連安全保障理事会の制裁決議や米韓合同軍事演習を非難した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

談話は「米国と敵対勢力の狂気じみた対朝鮮圧殺騒動が空前絶後の境地に至った」としながら、米国や制裁に同調した国家を非難した。

伝統を台無しにした代価は保障できない

国家の名指しこそしていないが、「歯が抜けた老いぼれオオカミにすぎない米国に頭を下げて『制裁』に共に参加することと核戦争演習追随によって自分の命脈をつないでみようと時間を費やす哀れな勢力」の件は、主に中国や韓国を指した非難と見られる。

とりわけ、「対朝鮮敵視策動に同調し出たことによって、貴重な過去遺産と伝統を根こそぎに台無しにしてしまった(後略)」という箇所は、韓国との関係を深めながら北朝鮮へ圧力を強める中国に対する非難と見られる。

北朝鮮は1日にも、「血の友誼を投げ捨てた」と制裁決議に賛成した中国を辛らつに批判している。

米本土への核報復打撃

談話は「米本土への核の報復打撃」に言及しながら、次のように強調する。

1.わが共和国を経済的に完全に窒息させようとする白昼強盗の米帝とその追随勢力の野蛮な「超強度制裁」は、チュチェ朝鮮を天下にまたとない自立、自力、自強の偉大な強国に転変させた。

2.わが共和国を軍事的に圧殺しようとする白昼強盗さながらの米帝の前代未聞の対朝鮮侵略戦争騒動は、米本土を任意の時刻に核の報復打撃を受けかねない最悪の危機状況に追い込んだ。

3.わが共和国を分裂、瓦解させるための米国とその追随勢力の「体制転覆」策動は腐り切った資本主義体制をその時代を生き尽くした歴史の退行物に押しのける結果を招いている。

さらに、「人類は、わが白頭山大国が自主の灯台、正義と真理の象徴としていかに輝くのかを胸がすっきりするほど見ることになるであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり

朝鮮国防委員会の代弁人 誰も共和国の前進を阻めない

【平壌4月3日発朝鮮中央通信】共和国国防委員会のスポークスマンは、米国と敵対勢力が共和国を併呑しようと群れを成して襲い掛かり、断末魔のあがきをしていることに関連して3日、談話を発表した。 スポークスマンは談話で、米国と敵対勢力の狂気じみた対朝鮮圧殺騒動が空前絶後の境地に至ったと指摘した。 また、世界戦争史に最も過酷な制裁の代名詞として人々を戦慄(りつ)させたレニングラード封鎖も、冷戦時代のキューバ危機も、朝鮮半島に生じたこんにちの情勢には比べようもないと主張した。

そして、笑止千万なのは米国が共和国と対決した時からいつの間にか世紀が越えた今になっても執ように追求してきた対朝鮮敵視がどんなに時代錯誤的で、自滅を早める自殺的な妄動であるのかをいまも知らないということだとし、次のように強調した。

不法無法の「超強度制裁」騒動はわが軍隊と人民を世紀的な不死身として堅忍不抜になるようにし、鬼畜のような軍事的圧殺攻勢は千万の軍民をして先軍を敵撃滅の万能の霊剣としてより強くとらえるようにし、歯ぎしりする「体制崩壊」策動はわが共和国を天下一の最強国として恐ろしく跳躍させているのが厳然たる現実である。

歯が抜けた老いぼれオオカミにすぎない米国に頭を下げて「制裁」に共に参加することと核戦争演習追随によって自分の命脈をつないでみようと時間を費やす哀れな勢力も、現在の真実の前で理性的に思考してみる必要がある。

強権と専横、支配と覇権でこの惑星で独り舞台を演じてきた米国の強盗さながらの要求に無鉄砲に追随して「国連決議」として包装された対朝鮮敵視策動に同調し出たことによって、貴重な過去遺産と伝統を根こそぎに台無しにしてしまった代価は何によっても補償することはできない。

朝鮮民主主義人民共和国国防委員会は、自主と隷属、正義と不正義、進歩と反動の間にいささかの妥協もなく繰り広げられるし烈な対決を通じて、米国とその追随勢力の無謀な対朝鮮敵視策動がこの地に果たしてどんな結果を生じさせるかを全世界に明らかにしようとする。

1.わが共和国を経済的に完全に窒息させようとする白昼強盗の米帝とその追随勢力の野蛮な「超強度制裁」は、チュチェ朝鮮を天下にまたとない自立、自力、自強の偉大な強国に転変させた。

2.わが共和国を軍事的に圧殺しようとする白昼強盗さながらの米帝の前代未聞の対朝鮮侵略戦争騒動は、米本土を任意の時刻に核の報復打撃を受けかねない最悪の危機状況に追い込んだ。

3.わが共和国を分裂、瓦解させるための米国とその追随勢力の「体制転覆」策動は腐り切った資本主義体制をその時代を生き尽くした歴史の退行物に押しのける結果を招いている。

この世のあらゆる敵対勢力がやっきになって襲い掛かっても、不世出の先軍総帥を陣頭にいただいて必勝の先軍大路に沿って疾走する白頭山大国の怒涛のような前進を阻むことはできない。

人類は、わが白頭山大国が自主の灯台、正義と真理の象徴としていかに輝くのかを胸がすっきりするほど見ることになるであろう。---朝鮮国防委員会の代弁人誰も共和国の前進を阻めない

    関連記事