北朝鮮の保衛部で収監者を拷問する際に、最近白熱電球を利用した新しい方法が使われていると、開かれた北朝鮮放送のニュースレター、『開かれた北朝鮮通信』(25号)が24日に伝えた。

このニュースレターは保衛部に収監されていたが、最近解放された北朝鮮内部の消息筋Aさんの言葉を引用して、「横、縦、高さが60センチで蓋が付いている木の箱の中で行う白熱電球の拷問」を迄Iした。

Aさんは「白熱電球拷問は、200Wの白熱電球(100W以上の場合、楓ハの温度が100〜130度になる)が付いている小さな木の箱を使う。その箱は人がしゃがんでやっと座れる程度の大きさで、座ると上についている白熱電球が頭に触れる」と説明した。

    関連記事