北朝鮮の平壌・万寿台議事堂で30日、最高人民会議常任委員会第13期第9回全員会議が開催された。朝鮮中央通信が同日、報じた。

同通信によると、全員会議には、最高人民会議常任委員会委員が参加し、関係者がオブザーバーとして出席。北朝鮮の2015年度の国家予算執行の決算と2016年度国家予算について討議され、昨年度の国家予算が正確に執行されたと報告された。

また、在日同胞子女、すなわち日本の朝鮮学校のために教育援助費と奨学金を送ることも決定されたという。

全員会議では、最高人民会議常任委員会決定「朝鮮民主主義人民共和国チュチェ104(2015)年度国家予算執行の決算を承認することについて」と、最高人民会議常任委員会政令「朝鮮民主主義人民共和国チュチェ105(2016)年度国家予算について」が採択された。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事