北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、朝鮮人民軍の最後通告に軽率に接してはならない、と主張した。朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の前線大連合部隊長距離砲兵隊は26日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対して「全同胞に謝罪しろ」「全同胞の前で処刑しろ」と最後通告を送り、応じなければ軍事行動に出ると威嚇していた。

(参考記事:北朝鮮軍「謝罪なければ軍事行動」…朴政権に最後通告

同通信は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)のユン・ミョンソン氏の「長距離砲兵隊の最後通牒は軍隊と人民の最後通牒でもある」「朴槿恵一味がわれわれの最後通牒状を拒絶するなら、謀略の巣窟、侵略の本拠地は即時荒涼たる死の廃虚と化するであろう」という言葉を紹介。

また、蚕業絹工業局局長のリ・チョン氏の言葉として「太陽がさんらんと輝く空に向かってどうのこうのと言い散らす者らは当然、天罰を受けなければならない。逆賊一味は、長距離砲兵隊の最後通牒状を受け入れる道しかない」という主張を紹介した。