人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ひとつは、北朝鮮がすでに核武装の最終段階にあるからだ。米韓が「斬首作戦」の準備に乗り出していることにもうかがえるように、両国内ではすでに、正恩氏を「除去」しなければ朝鮮半島の非核化は難しいとの意見が強まっているように見える。

それを実行しようとする場合、「核武装した正恩氏」と「核武装していない正恩氏」ならば、後者と勝負する方がロー・リスクなのは言うまでもない。

これは正恩氏の立場からすると、今がいちばん危ない、ということになる。だからこそ、彼は核武装を急がねばならず、その動きがまた米韓を刺激するのだ。

理由のふたつ目は、正恩氏には核武装をあきらめる気がまるでないからだ。

    関連記事