北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩第一書記が大出力固体ロケット(ミサイル)・エンジンの地上噴出および段分離試験を現地指導し、試験が成功したと報じた。現地指導の日時は不明。北朝鮮の弾道ミサイルは液体燃料式と見られているが、固体燃料ミサイルの開発に成功したとすれば、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発が着々と進んでいることになる。

同通信によると、金正恩氏はエンジンに直接触った後に、「地上噴出試験」の指示を出した。試験の結果は、「予測値と測定値が驚くほど一致し、すべての科学技術的指標に完全に合致するということが実証された」という。

この結果に、金正恩氏は拍手しながら「祝賀する、立派だ、本当に気持ちがよい」と大満足しながら「今や敵対勢力を無慈悲に懲罰できる弾道ロケットの威力をいっそう高められるようになった」と強調した。

そのうえで、「敵には恐怖と戦慄(りつ)を与える国防科学技術成果を引き続き収める」との期待と確信を表明したという。