北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平委)は23日、重大報道を発表。米韓合同軍事演習に対して「われわれの最高尊厳に対する許し難い挑発」と非難した。

また、「(米韓は)戦闘爆撃機編隊群を動員して、われわれの最高首脳部の執務室を破壊するための極悪非道な『精密打撃訓練』なるものを敢行した」と指摘しながら「わが革命武力の全人民の一挙一動は、朴槿恵逆賊一味をこの地、この空の下から断固として除去するための正義の報復戦に向けられる」と威嚇した。

さらに、「われわれの警告を絶対に聞き流してはならない」としながら、「一度決心すれば、朴槿恵逆賊一味はもちろん、侵略の大小すべての本拠地を一掃するための朝鮮式の先制攻撃作戦が、世界が知りえぬ方法で電光石火のごとく行われるだろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文(編集部訳)は次のとおり。