北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総参謀部が、米韓合同軍事演習に「ソウル解放作戦」で対応する声明を宣告したと報じた。

同通信によると、北朝鮮軍層参謀は、「わが革命武力の作戦全般を総括する朝鮮人民軍総参謀部は、尊厳ある最高司令部の委任によって、次のような軍事的対応措置を取る」と宣告しながら次のように主張した。

「敵の集団に対する先制的な報復打撃作戦の遂行へ移行する」

「わが軍隊は、敵の『平壌進撃』を狙った反共和国上陸訓練にはソウルをはじめとする南朝鮮全域の解放作戦で、『ピンポイント打撃』戦術には朝鮮式の電撃的な超精密奇襲打撃で対応するであろう」

また、「わが革命武力は、尊厳ある最高司令部が侵略の群れに向けて正義の砲火、先制打撃の命令だけを下すことを待ちわびている」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。