2015年に正式な手続きを踏んで中国を訪れた北朝鮮国民の数は18万8300人に及ぶ。そのうち、親戚訪問や観光で中国に入国した人、つまり「私事旅行者」は1600人だが、その多くが中国で働いているものと思われる。一度中国に行った人は、一銭でも多く稼ぐために期限の3ヶ月を越えて何年も滞在することが多い。

北朝鮮当局は、国内で何か起きた際には中国訪問を禁止する傾向にある。例えば、金正日氏が死去した直後、金正恩第1書記が後継者として公式に登場した2010年9月の第3回党代表者会の前後2ヶ月は、一般住民の中国訪問が禁止された。

今月1日に国連安保理で、中国も賛成し、対北朝鮮制裁案が全会一致で採択された。それに伴い、中国は北朝鮮からの石炭の輸入を停止した。今後、中朝関係の冷え込みが予想されているが、私事旅行者の出国は今のところ禁止されていない。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。