北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、論評「われわれの警告を誤って判断するな」を通じて、米韓合同軍事演習を反発した。

論評は、「(今回の演習は)朝鮮革命の首脳部を狙った『斬首作戦』と戦略的要衝を不意に占領するための奇襲上陸作戦、われわれの核打撃手段に対する核先制打撃作戦」と強調しながら「挑発性と悪らつさ、無分別さにおいて、史上極致を成す大規模な北侵核戦争演習騒動である」と非難した。

また、「実戦配備された核兵器を含むわれわれのすべての軍事的攻撃手段は、最高首脳部の南朝鮮解放、米国懲罰作戦計画に従って南朝鮮作戦地帯内の主要打撃対象とアジア太平洋地域の米帝侵略軍基地、米本土を精密照準し、せん滅的な発射の瞬間だけを待っている」と警告しながら、最後は「われわれは、空言を吐かない」という言葉で威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。