韓国合同参謀本部は10日、北朝鮮が午前5時20分ごろ、日本海に向け短距離弾道ミサイル2発を発射したと明らかにした。短距離ミサイルは、黄海北道(ファンヘブクト)から発射され飛距離は約500キロと推定されているという。

北朝鮮は連日、国連安保理の制裁決議や7日からはじまった米韓合同軍事演習に反発しており、示威行為の一環と見られる。ミサイル発射を受けて、韓国国防省は「綿密に追跡、監視しており、北朝鮮の挑発に備える万全の態勢を維持している」と強調した。