「軍は国から配給された食糧を市場に横流ししていたが、途絶えてしまった」という説と「労働党第7回大会の準備で、備蓄されていた食糧が底をついた」という二説による噂が噂を呼び、景気がさらに悪化。まさに、社会不安が悪循環を招いている。

金正恩第一書記は、最高指導者になってから事あるごとに「人民生活の向上」を謳っているが、このままでは民心が離れ、いずれ「裸の王様」になりかねないことに早く気づくべきだろう。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事