北朝鮮当局も「中国の輸入禁止」の情報はつかんでいたが、公式の反応も見られず、対策も一切講じられていない。それどころか、一部の幹部は「輸入禁止はそのうち解除される」と見ていたという。

当局の楽観論を真に受けた外貨稼ぎ会社は、通常通りに石炭や精鋼をトラックに積んで新義州に送り出したが、税関で止められたというのだ。

それでも、「中国へ資源を輸出できないのは短期的」と見る関係者が多い。なかには「値段を下げて中国にガンガン売り込もう」との声も出ている。そこで、外貨稼ぎ会社の幹部は、中国の貿易業者に「海上での石炭密輸」を持ちかけたが、こちらもけんもほろろに断られてしまった。

    関連記事