北朝鮮の国防委員会は7日、過去最大規模の米韓合同軍事演習が同日から行われることに対し、「全面対応するための総攻勢に進入する」「先制攻撃的な軍事的対応方式を取る」「義の統一聖戦でわが民族最大の悲願を成就する」などとする声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信が伝えた声明全文は次のとおり。

 朝鮮国防委員会が無謀な侵略戦争の銃声・砲声を挑発者の悲惨な葬送曲につくると闡明

【平壌3月7日発朝鮮中央通信】朝鮮国防委員会は、米帝と南朝鮮のかいらいが史上最大規模の「キー・リゾルブ、フォール・イーグル16」(「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル16」合同軍事演習)に進入することにしたことに関連して7日、声明を発表した。

米帝と南朝鮮のかいらいは、今回の合同軍事演習がわれわれの自衛的な初の水爆実験と合法的な地球観測衛星「光明星4」号の打ち上げに途方もなく言い掛かりをつけてつくり上げた不当極まりない国連の「制裁決議」に伴う「重大な圧迫」になるとけん伝している。

極度の北侵狂気に浮ついた敵は、表面上「定例的」だの、「防御的」だの、何のと言っていた欺まん的なベールさえ脱ぎ捨てた。

敵が今回の「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル16」合同軍事演習を極度に冒険的な「作戦計画5015」に準じてわれわれの最高首脳部と「体制転覆」を狙った天人共に激怒する「斬首計画」まで実行する実働的な戦争遂行方式で強行することにしたのは、事態の重大さを倍加している。

声明は、現情勢がこれ以上袖手傍観できない険悪な境地に至ったことに関連して、次のような原則的な立場を厳かに闡(せん)明した。