北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、史上最大規模の米韓合同軍事演習が翌日から行われるのを前に、「先制攻撃は米国の独占物ではない」として、軍事的対応を示唆する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「(米国の)北侵企図が明々白々となった以上、共和国の軍事的対応は不可避なものになった」と主張。「『斬首作戦』と『ピンポイント打撃』に投入される敵の特殊作戦武力と作戦装備がいささかの動きでも見せる場合(中略)先制的な作戦の遂行に進入」するとして述べている。

また、米国が敢えて挑発を行うなら、米国という国自体が「存在を終える破局的な災難」がもたらされると威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事