人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

先述の現地指導のなかでは「朴槿恵の狂気」と、韓国の朴大統領に対して異例の実名批判を展開した。その前日3日には、朝鮮中央通信も朴槿恵氏の出自や生い立ちをあげへつらいながら、巷にあふれる低俗な嫌韓記事さながらの論調で罵倒しつくした。

(参考記事:北朝鮮、朴槿恵大統領を激しく罵倒…「朴槿恵の醜悪な本性を解剖」

「斬首作戦」が議論されはじめたのは昨年8月からだが、ここに来て、金正恩氏自らの言葉による過剰な反応ぶり。なにやら、のっぴきならない状況が近づいているのかもしれない。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事