北朝鮮のあらゆる場所に掲げられているスローガンは、国の方針を住民に刷り込む――つまり洗脳、そして国威発揚を目的としている。

端からは珍妙に見えるが、このスローガンを剥ぎ取ろうとした米国人学生が拘束され、告白・謝罪会見を開かされるなど、北朝鮮当局からすれば、ある意味「神聖」なものだ。

(参考記事:北朝鮮に拘束中の米大学生、「国家への犯罪」を会見で自供

そして先月17日、北朝鮮は372個の共同スローガンを発表した。