朝鮮人民軍(北朝鮮軍)は23日、最高司令部の重大声明を通じて米韓の「斬首作戦」を非難した。こうしたなか、北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信は28日、二つの記事を通じて「斬首作戦」に言及しながら、米韓への非難を展開した。

28日に配信した記事「挑発者らに恐ろしい懲罰を加える敵撃滅の意志」では、「特殊作戦武力と侵略武力を投入していわゆる連合『斬首作戦』とわれわれの核・戦略ロケット戦力『除去作戦』までけん伝している敵に懲罰の砲火を浴せかける意志を固めている」と主張しながら、軍官や軍隊員の次のようなコメントを紹介した。

「米帝がこんにち、堂々たる核保有国である朝鮮と核戦争を行うとしてきた以上、みの着て火事場へ入る者らを一人残らず掃滅するというのがわが部隊のすべての将兵の同じ気持ちである」

「米帝のすべての特殊作戦武力と核戦争手段はもちろん、米本土もすでにわれわれの最先端打撃手段の照準圏内に入っている」