論説は、現かいらい政権が登場した以降、日本反動層の歴史わい曲と独島強奪策動がさらに露骨になっているのは朴槿恵逆賊一味の醜悪な対日屈従姿勢、恥ずべき屈辱外交と切り離して見られないとし、次のように明らかにした。

日本上司の歓心を買い、それと結託して同族圧殺の妄想を実現してみようとするのが、かいらい執権勢力が追求している陰険な下心である。

このことから、朴槿恵一味は高まる全民族的な反日機運に背を向けて過去史と安保問題におけるいわゆる「分離対応」をうんぬんし、日本反動層の歴史わい曲、独島強奪策動を黙認してきた。

    関連記事