北朝鮮の執権政党である朝鮮労働党の中央委員会は、5月に予定されている第7回労働党大会を控えて全党員に「70日間キャンペーン(70日戦闘)」を繰り広げるようアピールした。朝鮮中央通信が24日、報じた。

同通信によると、労働党中央委の「70日戦闘」をアピールする手紙を伝達する会議が平壌で開催。最高人民会議常任委員会の金永南(キム・ヨンナム)委員長が手紙を伝達しながら「米帝とその追随勢力がわれわれの社会主義を圧殺しようと最後のあがきをしている」と米韓を非難し、次のように主張した。

「全党員が党と革命のための非常な献身で強盛国家建設の最盛期を開くのはまさに、わが党の指導の偉大さに対する力強い実証、われわれの強大さに対する示威、わが偉業の正当性に対する雄弁になるであろう」

さらに、「第7回党大会を偉大な勝利で迎えるためのたたかいにおいて成果の重要な秘訣は幹部にある」と、内部結束を強調しながら、「歴史的な第7回党大会を控えて衷情の70日間キャンペーンを繰り広げることを熱烈にアピールし、偉大な朝鮮労働党の全党員がこのキャンペーンで栄誉ある勝利者になること」と、訴えた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮労働党中央委が第7回党大会を控えて全党員に70日間キャンペーンを繰り広げることをアピール

【平壌2月24日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会政治局会議では、全党員に革命的大進軍の先頭に立って力走し、最上の成果、最高の勤労の偉勲を立てていくことをアピールする手紙を採択した。

手紙を伝達する会議が、平壌で行われた。

会議には、朝鮮労働党中央委員会政治局委員、委員候補、各道党責任書記、各道人民委員会委員長、党・武力機関、勤労者団体、省・中央機関の責任幹部が参加した。

手紙を、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である最高人民会議常任委員会の金永南委員長が伝達した。

朝鮮労働党中央委員会は手紙で、わが党の栄えある70余年の歴史とともに、各党大会を分岐点にして人民の運命と生活において大きな転変が起こり、わが祖国が新たな飛躍の歩幅によって転換と奇跡の各年代を乗り越えてきたことについて明らかにした。

手紙は、米帝とその追随勢力がわれわれの社会主義を圧殺しようと最後のあがきをしているこんにちの情勢の下で、全党員が党と革命のための非常な献身で強盛国家建設の最盛期を開くのはまさに、わが党の指導の偉大さに対する力強い実証、われわれの強大さに対する示威、わが偉業の正当性に対する雄弁になるであろうと強調した。

第7回党大会を勝利者の大会に輝かすためのこんにちのたたかいにおいて党員が領袖擁護の第一の中核、領袖の志と偉業を先頭に立って忠実に支える熱血の前衛闘士になることについて指摘した。

全党員が第7回党大会が開かれる今年を労働党万歳のとどろく喊(かん)声が天地を震撼する最盛期として輝かすためのたたかいにおいて人民のために滅私奉仕する真の革命家になることについて指摘した。

第7回党大会を偉大な勝利で迎えるためのたたかいにおいて成果の重要な秘訣は幹部にあると強調した。

すべての党組織が、第7回党大会を契機に大衆を強盛国家建設の最盛期を開くためのたたかいへと総決起させる組織活動と政治活動を攻勢的に繰り広げることについて指摘した。

朝鮮労働党中央委員会は手紙で、歴史的な第7回党大会を控えて衷情の70日間キャンペーンを繰り広げることを熱烈にアピールし、偉大な朝鮮労働党の全党員がこのキャンペーンで栄誉ある勝利者になることについて強調した。

会議では、70日間キャンペーンの成功裏の保障のための指揮部組織案が発表された。

    関連記事