北朝鮮の人権問題を担当する国連特別報告者が、金正恩第1書記に対して「人道に対する罪」を問う可能性を強調している。

(参考記事:金正恩氏は「人道に対する罪」で破滅の瀬戸際にある

この罪状に該当する行為のひとつが、悪名高い公開処刑だ。

「高射砲を使用した処刑」など、人体が原形をとどめないような残忍極まりない方法が知られるようになったことで、「金正恩体制=残忍な公開処刑」というイメージが定着した感もあるが、北朝鮮における、被疑者逮捕から死刑に至るまでの「プロセス」については実はあまり知られていない。

(参考記事:北朝鮮、スパイ容疑の芸術関係者を「機関銃で粉々に」

北朝鮮では、どのようなプロセスを経て死刑に至るのか――米国の北朝鮮専門ニュースサイト「NKニュース」が詳しく伝えている。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

以下、その内容を再構成の上、一部加筆してレポートする。