手紙は、光明星節を迎えた総連イルクン(働き手)たちと、在日朝鮮人たちの胸には偉大な将軍様(※金正日総書記)に対する痛切な悲しみと敬愛する元帥(※金正恩第一書記)に対する熱い感謝の情で限りなくわくわくしていると明らかにした。

偉大な金正日大元帥様の革命生涯は、偉大な金日成大元帥様の崇高な意思を受けて、祖国の富強繁栄と人民の幸せのための行軍の道に、自らを全てを捧げて、祖国の庁舎に永遠に輝く不滅の業績を成し遂げ、祖国と民族の自主権を栄誉的にに守護してくださった絶世の愛国者、不世出の先軍霊将の最も輝かしい一生だと強調した。

金正日大元帥様は、父なる首領様(※金日成主席)の高い志を奉じて、総連を愛国愛族の先覚者、愛国衷情の模範、海外同胞の組織の手本として育ててくれた卓越した指導者であり、総連と在日同胞たちの運命の守護者だと激賞した。

    関連記事