北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、金正恩第一書記が、光明星節(金正日総書記の誕生日)に際して朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の指揮メンバーの軍事称号を上げることに関する命令を下したと報じた。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り

金正恩最高司令官が朝鮮人民軍指揮メンバーの軍事称号の昇格に関する命令を下達

【平壌2月13日発朝鮮中央通信】朝鮮人民軍の金正恩最高司令官が金正日総書記の誕生日に際して12日、朝鮮人民軍指揮メンバーの軍事称号を上げることに関する命令を下した。

命令によると、キム・サンガプ、チュ・ドンチョル、シム・ジョンテク、リ・ヨンミン、リ・ソンハクの各氏が陸軍中将に、ホ・ヨンホ氏が内務軍中将に、リ・スギョン、キム・グァンイル、チャン・チュンウォンの各氏が海軍少将に、アン・ビョンチル、チェ・チョルスの両氏が航空軍少将に、ナム・ギルハク、キム・イルウンの両氏が戦略軍少将に、キム・ミョンホ、キム・グァンチョル、ペ・チャンナム、キム・ヨングン、チェ・グァンチョル、リ・ボンマン、ペク・ソンチョル、チョン・ソンボム、リ・ジョンチョル、リ・ナムソン、キム・イルナム、ペ・フン、リ・ジュヨン、リ・イックン、キム・ヨンホ、キム・ジョンチョル、チェ・ジェシク、クァク・ジャングッ、ホン・ソンリョンの各氏が陸軍少将に、リ・ミョンジッ、キム・ソンナム、キム・ギョンヒョブの各氏が内務軍少将になった。

金正恩最高司令官は命令で、人民軍指揮メンバーが金日成主席と金正日総書記の遺訓をいつも心に刻み、チュチェの革命偉業の最後の勝利を早めるための栄えあるたたかいにおいて自分の責任と本分を全うするとの信頼を表した。

    関連記事