「在日朝鮮人が親族などにおカネを送る際も、必ず人づてで行います。なぜなら、北朝鮮の銀行はすべて国営であり、あの国で、国家ほど信用できないものはないからです。時に、自分の預金を下ろすのに役人からワイロを求められるような国へ貴重なおカネを送るのに、銀行送金を利用するもの好きはいません」

報道には「国連安全保障理事会で新たな制裁決議の議論が長引く中、同じく独自制裁を発表した韓国と歩調を合わせて厳しい態度を示し、安保理に早期の採択を促す狙いがある」との解説も見られるが、強力な制裁の発動に慎重な中国に対しても、日本側の措置が影響を与える可能性は極めて小さい。