安倍晋三首相は9日、オバマ米大統領、朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領と相次いで電話で協議。北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会で制裁決議の早期採択を目指すことで一致したという。

このように日米韓が連携を強めるのは、もちろん必要なことだ。しかし同様の協議は、これまでも数限りなく行われてきた。関係国はそろそろ、北朝鮮という国の本質を見ながら対策を講じるべき時にきている。

あの国の最大の問題は、独裁体制ならではの、残忍かつ身勝手な思考と行動方式にある。