北朝鮮で、過去10年間で自然災害や事故で死亡した人は少なくとも1400人に及ぶことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

これはベルギーのルーヴェン大学災害疫学研究所が「2013年災難統計分析報告書」で明らかにしたものだ。2005年以降、北朝鮮で発生した大規模な自然災害や事故で、約542万人に影響を及ぼし、1400人以上が命を落とした。

災害、事故のうち最も犠牲者を多く出したのは、水害であることも明らかになった。2007年に起きた大水害では、610人の死者を出している。

また、2005年から2013年の間に北朝鮮が国際機関に報告した10人以上が死亡したり、100人以上が被害を被った大規模な自然災害は16件に達する。水害が最も多く10件、以下、台風(4件)、干ばつ(1件)、伝染病(1件)の順だ。

報告は3件

北朝鮮で水害が多い理由について「90年代以降、農地拡張のために進破壊が大々的に行われたため」で「ハゲ山は北朝鮮全土の11%に及ぶ」と明らかにした。