31日に連行した南側の船舶「800ヨナン号」の処理と関連し、北朝鮮が「調査結果に基づいて船員と船舶の問題が処理されるだろう」と明らかにした。

統一部によると、北側はこの日送った東海地区の軍事実務責任者名義の電通文を通じて、「現在、ヨナン号に対して該当機関が具体的な調査を行っている」と明らかにしたという。

これに先立ち、韓国政府は今日午前9時30分頃に海事当局間の通信を通じて、北側にヨナン号の船員に対する調査の状況を問い合わせ、北側は追加で把握された内容はなく、結果が出たら通知すると返答してきた。

29t級のイカ釣り漁船「800ヨナン号」は、30日午前5時5分頃に江原道チェジン(旧チョジン)の東北37kmに位置する東海NLLを13kmほど越えて、北朝鮮の警備艇1隻によってチャンジョン港に連れて行かれた。

ヨナン号には船長のパク・クァンャ梼

    関連記事