北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、金正恩第一書記が複数の国家の党や国家元首に年賀状を送ったと報じた。

過去3年間の、同様の記事の国家序列を見ると、2014年は中国が1位だったが、2015年と今年(2016年)は2年連続でロシアが1位。ここ最近、強まっている朝露関係が表れた形だ。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り

金正恩同志が、様々な国の党および国家首班に年賀状を送られた

【平壌2月2日発、朝鮮中央通信】敬愛する金正恩同志は主体105(2016)年新年に際して様々な国の党および国家首班らに年賀状を送られた。

金正恩同志はロシヤ連邦大統領、中国共産党中央委員会総書記の中華人民共和国主席、キューバ共産党中央委員会第1秘書であり、キューバ共和国国家理事会委員長のキューバ共和国内閣首相、ラオス人民民主主義共和国主席、モンゴル大統領、バングラデシュ人民共和国大統領、シリア・アラブ共和国大統領、パレスチナ国家大統領、タジキスタン共和国大統領、トルクメニスタン大統領、アルメニア共和国大統領、アゼルバイジャン共和国大統領、インドネシア共和国大統領、インド共和国大統領、ベトナム共産党中央委員会総書記、ベトナム社会主義共和国主席、クロアチア共和国大統領、サンマリノ共和国執政官ら、セルビア・モンテネグロ大統領、ナイジェリア連邦共和国大統領、武力総司令官、ルワンダ共和国大統領、モザンビーク共和国大統領、サントメ・プリンシペ民主主義共和国大統領、セネガル共和国大統領、コンゴ共和国大統領、コンゴ民主主義共和国大統領、チュニジア共和国大統領、アルジェリア民主人民共和国大統領、アンゴラ共和国大統領、エジプト・アラブ共和国大統領に年賀状を送られた。

また、国際金日成賞理事会、国際金正日賞理事会書記長、金日成・金正日基金理事会、共同時理事長、主体思想国際研究所理事長、事務局長、ロシヤ連邦沿海辺境長官、ハバロフスク市長に年賀状を送られた。

    関連記事