30日午前6時頃、韓国の漁船一隻が江原道コソン郡の東海(日本海)沖合で北朝鮮の限界線(NLL)を越えたため、北朝鮮の警備艇によって連行されているという情報が伝わった。

国防部の関係者は「NLLを越えた漁船は30t級の漁船で、3~4人が乗船できるものだが、現在北朝鮮の警備艇によって連行されている」と伝えた。

また、「この漁船はGPSが故障して航路を離脱したと思われるが、この漁船が越北なのか強制拿捕なのかについて正確な経緯を把握しているところ」と語った。

韓国の海軍の艦艇が北朝鮮の艦艇に、「漁船1隻が航路を離脱してそちら側に越えていった。直ちに帰還措置を取っていただきたい」と無線で通信したが、北側からの回答はないという。

    関連記事