金正恩第一書記が「輸入に頼らず国産化を進めよ」というスローガンを提唱するなか、北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、北朝鮮国内で生産された電気製品が、好評を博しているという記事を配信。評価が高いという様々な電子製品を紹介した。

同通信によれば「ナトリウム塩ゲル高性能蓄電池」は、先端技術が導入された環境保護型、省エネ型の製品だという。

「電圧周波数安定器」は、家庭のみならず各種機関で使用される電子設備の安全な利用と実用性を保証しているとのことだ。また、「無停電電源(UPS)装置」と「知能型高速充電器」に対する評価も非常に高いという。

このような製品を使用した北朝鮮国民は「われわれのものが一番であると賛辞を惜しんでいない」と同通信は主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

好評を博している国産化された電子製品

【平壌1月25日発朝鮮中央通信】朝鮮で設備、原料・資材の国産化に向けた熱意が高まっている中、平壌チョンボン交流社でも自前の技術による電気・電子製品の生産を活性化している。

同社で生産される製品は、使用単位と使用者の好評を博している。

キム・グナム課長は、同社では金正恩元帥が新年の辞で明らかにした通りに製品の質の向上と設備、原料・資材の国産化を重要な政策的問題としているとし、次のように語った。

わたしたちは最近5年間、新技術製品を開発する過程に特許技術も所有し、性能のよい製品を国産化するうえで多くの成果を収めた。

わたしたちが生産するナトリウム塩ゲル高性能蓄電池は、先端技術が導入された環境保護型、省エネ型の製品である。

蓄電池に利用された技術は、百数十年間使われてきた金属鉛酸蓄電池技術を改良したものである。

最新技術で開発した電圧周波数安定器は、家庭はもちろん、機関で使用する電子設備の安全な利用とともに実用性を保証する。

小型化、軽量化され、使用期限の長いこの製品を使ってみた人々は、われわれのものが一番であると賛辞を惜しんでいない。

無停電電源(UPS)装置と知能型高速充電器に対する好評も非常に高い。

充電変流器、ソーラーバッテリーの充・放電調節器と逓信設備の運営に必須の多機能整流器系列の製品は、日を追ってその需要が高まっている。

    関連記事