日本列島各地で記録的な寒波が到来するなか、北朝鮮にも記録的な寒波が襲来した。

 

白頭山近郊の北朝鮮両江道(リャンガンド)の三池淵(サムジヨン)地域では24日、マイナス40度に達した。

三池淵では、今年5月の第7回朝鮮労働党大会を前に、「白頭山青年英雄発電所」をはじめとする各種の建設事業が行われているが、強い寒波の影響で現場作業員のなかから凍傷が続出。作業員を撤退させるなど、工事の停滞を余儀なくされている。