金日成氏の銅像の前を横切る市内一の目抜き通りと、太陽像(金日成氏、金正日氏の大型肖像画)が設置された清津鉄道総局前の大通りは、貨物を積んだ車両の通行が禁止されてしまった。

大通りは、市場に通じる近道だが、商品を積んだ車は一切通れず、中心部から少し外れた3線道路を迂回せざるを得ない状況となっている。当然のことながら、市民の間からは不満の声が上がっている。

中央は「道路拡幅は人民のための事業」と宣伝しているが、実際は金正恩氏のための事業だったと情報筋は伝えている。

    関連記事