北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、金日成社会主義青年同盟創立70周年の慶祝行事代表証が授与されたことを報じた。

同通信によると、授与式では失脚したと見られていた崔龍海(チェ・リョンヘ)氏が朝鮮労働党中央委員会書記として紹介され演説した。崔氏は、昨年末に交通事故で死亡した金養建(キム・ヤンゴン)書記の国家葬儀委員会のメンバーに名前を連ねていたことから、復権の可能性が指摘されていた。

今回、崔氏が過去に委員長を務めた金日成社会主義青年同盟の行事で演説したことから復権したと見られる。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。