今年も日本の各地で行われた成人式が荒れたようだ。一部とは言え、ヤンチャな若人や暴走族が、派手にデコレーションされた自慢のバイクで成人式に乱入し、酒を飲んでは、無法の限りを尽くす――こうした風景は良くない意味で成人式の風物詩となりつつある。

暴走族という極端な示威行動はさておき、古今東西、バイクは若人にとって憧れのアイテムだ。そんなことを考えていると、ふと思い出したことがある。拉致被害者である曽我ひとみさんの夫であるチャールズ・ジェンキンスさんだ。

北朝鮮にいたころ、筋金入りのバイク好きだったジェンキンスさんは、壊れたバイクをベースにした改造マシンでバイクライフを楽しんでいたという。このエピソードはバイク雑誌にも掲載され、ジェンキンスさん本人が表紙を飾った。

(参考記事:北朝鮮で「改造バイク」に乗った拉致被害者の夫

ジェンキンスさんが北朝鮮にいた時、一般住民がバイクを乗ることは、まだ珍しかったようだが、その後、市場経済が急速に発展するなかで手頃な移動手段、輸送手段として重宝され、増え始めた。

    関連記事