北朝鮮の李洙墉(リ・スヨン)外相が、スイス・ダボスで開幕する世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に出席する見通しだという。韓国の聯合ニュースが、複数の消息筋からの情報として報じた。北朝鮮の代表がダボス会議に出席するのは1998年以来となる。

ダボス会議は20日に開幕する。北朝鮮は主催側と日程を調整中だという。

北朝鮮は、金正恩第1書記が今年の施政方針に当たる「新年の辞」で経済優先を強調しているほか、昨年には経済特区・羅先経済貿易地帯の開発計画を公開するなど、投資誘致に積極的な姿勢を見せている。

    関連記事