北朝鮮で「チャンマダン(市場)世代」と呼ばれる若者達が急増している。彼らの共通点として、幼いころに大飢饉「苦難の行軍」を体験し、古い世代とは異なる価値観を持っていることが挙げられる。

チャンマダン世代を生み出したきっかけは、90年中頃から北朝鮮全土を襲った大飢饉「苦難の行軍」だ。配給システムは完全に崩壊し、住民たちは、市場で商売をして、自分の力で生き抜くことを強いられた。

そんな状況を、幼い目で見ていたチャンマダン世代にとって、国も指導者(当時は金正日総書記)も頼るべき存在ではなくなった。 学校や職場の思想教育は、表面的に暗記はするが、それが彼らの心の中に入り込むことはない。「偉大なる首領様」「親愛なる将軍様」も、どこか遠い国のおとぎ話のようにしか感じない。 かといって、金正恩体制に不満を爆発させるわけでもない。ただ単に、忠誠心も関心もないだけなのだ。

チャンマダン世代は、市場で売られている外国の商品やソフトコンテンツを通じて、外の世界を見ている。

そんな彼らは「花を買うカネを惜しみ、パンを買う」と表現される。「花」は、金日成氏の銅像に捧げるもの、つまり忠誠心の比喩だ。一方、「パン」は、プライベートの比喩だ。つまり、国や指導者のことより、自分のことの方を大切にするということだ。

国や指導者を考える暇があれば、スマホ片手にデートしたり、外国語学習や商売に力を入れたり、「韓流」に接したりしようとする。韓流ドラマにあこがれ、その言葉やファッションを真似したりする。さらには、驚くべきことに「韓流スターに会うために韓国に行ってみたい」と思う若者すらいる。

北朝鮮当局も、こうした風潮に対して様々な対抗策を打ち出しているが、いずれもチャンマダン世代には効果がない。一方で、「市場への締め付けはしない」方針の金正恩氏に好感を持っている若者もいるという。

ならば、韓流の取り締まりなど若者の反発を買うようなことはやめる。さらに、経済発展に力を入れ、それをサポートするインフラや福祉などのシステムの再構築こそが、「自由で豊かな元帥様の国」への近道だろう。

    関連記事