朝鮮中央通信は26日、北朝鮮で2015年の最優秀サッカー選手(男女)が選ばれたとして、次のとおり報じた。

2015年の朝鮮の最優秀男女サッカー選手

【平壌12月26日発朝鮮中央通信】朝鮮サッカー協会が、チュチェ104(2015)年の最優秀男女サッカー選手を発表した。

それによると、平壌体育団のリ・ミョングッ氏と鴨緑江体育団のラ・ウンシムさんが昨年に続き、今年も最優秀男女サッカー選手に選ばれた。

リ・ミョングッ氏は、国際サッカー連盟(FIFA)2018年ワールドカップのアジア地域予選2段階の7回にわたる往来競技(6月―11月)で貫禄あるキーパーとしての実力を立派に見せた。

また、2015年東アジアサッカー連盟東アジアカップ競技大会の最優秀キーパー賞を授かった。

ラ・ウンシムさんは、近年、連戦快勝の試合成果によってアジアの最強豪チームとして名声をとどろかしている朝鮮女子代表チームのキャプテンである。

ラさんは、8月の2015年東アジアサッカー連盟女子東アジアカップ競技大会で朝鮮が2013年の大会に続き、2連勝を果たすことに寄与した。

日本、南朝鮮との試合で3得点を記録して同大会の最多得点者賞を授かった。―――

    関連記事