北朝鮮における人権に関する国連調査委員会の報告(詳細版)から抜粋

※ 脱北者に対する拷問・強姦・乳児殺しの実態

※ 政治犯収容所などでの拷問・強姦・公開処刑の恐怖

(g) 1970年代後半:他の各国からの拉致及び女性の強制的失踪

➢  963
1977年以降、北朝鮮により、(日本及び韓国以外の)他の国の国民も同様に拉致された。拉致は、時に強制的に、時にそそのかしによって、実行された。

拉致の理由としては、外国語をスパイや軍のための訓練学校で教えること、技術的な専門性の取得、そして、多くの拉致被害者の事案に共通することであるが、朝鮮人と非朝鮮人との婚姻を回避することを目的とした北朝鮮内の外国人への結婚相手として「与える」こと等がある。Ⅳ.Cで言及されたとおり、「純粋な朝鮮民族」は朝鮮社会の主要な特性の一つで、混血の朝鮮人の誕生を防止するため、多大な努力が費やされてきた。

  • 一例を挙げると、元米兵達には、不妊症であると信じられたため夫から離縁された(北朝鮮女性の)調理師達が提供された。